BLOG

  • HOME
  • BLOG
  • カプリスト(Capristo)エキゾースト社へ訪問

カプリスト(Capristo)エキゾースト社へ訪問

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ滞在期間中に日ごろ弊社でも扱っているエキゾーストブランドの「Capristo」社を訪問してきました。

IMG_3595

Capristo(カプリスト)エキゾースト社はドイツ北部に拠点をもつエキゾーストメーカーで、エキゾースト製造にかかわるすべての工程開発・製造・出荷一連の工程を完全に内製化しています。

 

カプリストエキゾースト社とは弊社の扱うmcchip-dkr社と非常に深い関係にありテクニカルパートナーとして多くの車両開発や製品のインストールに関して情報を共有しています。これまでにも数多くの製品を装着している実績もありお客様へはより詳細な情報をご提供させていただけます。

IMG_3583

IMG_3585

訪問時には丁度フェラーリ488GTBの新作カーボンパーツの開発、BMW M6のエキゾーストのマッチング確認が行われていました。数多くの出荷待ちのエキゾーストやエキゾーストマニホールドずらりと・・・特にハイエンドカー向けのラインナップが充実しており、いわゆる音だけのマフラーでなく製品パフォーマンス評価がしっかりと行われているというのが最大の特徴です。

IMG_3570

昨年、新しく新社屋が出来上がりこちらでは巨大なオートクレーブ設備・塗装スペースを有しドライカーボン製品の製造もおこなっています。多くの有名ブランドのカーボンエアロパーツのOEMなども手掛けており、製品1つ1つは相当高いクオリティコントロールが行われています。

IMG_3576 IMG_3572

エアロパーツの製造には最新設備を導入し、3Dキャンデータを元に設計され製品ベースとなる型は5軸のCNCマシニングを使用して精密に作られています。実際のカーボン貼作業は手先の器用な女性スタッフの手によって1つ1つ作られてました。もちろんカーボン製品はオートクレーブを使用し熱処理された本物のドライカーボン製品です!

IMG_3592

突然の訪問にも関わらずセールスマネージャー自らファクトリーツアーを対応してくださいました。日頃私たちの扱う製品がどのような環境で誰が、どんなふうにして作っているのか間近に感じることができました。お客様へより質の高い製品情報・ブランドの魅力ををご提供させていただければと思っております。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

下町の文京千駄木にショップを構えるサンライズブルバード千駄木は、オーナー様のニーズに合わせて様々なチャレンジを続けてきました。現在では、ヨーロッパ車の足まわりのスペシャルショップとしてはもちろん、インテリア・エクステリアからエンジンまわりまで、半世紀以上にわたる豊富なノウハウをお客様にフィードバックできるよう、常に新しい情報・技術を積極的に取り入れています。