BLOG

  • HOME
  • BLOG
  • ニュルブルクリンクVLN1開幕戦レポート

ニュルブルクリンクVLN1開幕戦レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

29694965_10156099142256236_5089043045205153683_n

3月24日〜25日はニュルブルクリンク耐久シリーズ VLN1開幕戦へ出場のためドイツへ出張へ行っておりました。今年の5月に控えたADAC Zurich 24時間耐久レースに備え完全自社チームとしての初戦レースとなりました。

IMG_3087

レース2・3日前にはニュルブルクリンク主催の講習会やトレーニングが行われ、mcchip-dkr社から借りているAMG CLA45にて慣熟走行を行いました。この日は終日雨でさらに気温も低く、コース上所々にはまだ雪が残っている状態でした。

IMG_3061IMG_3072

昨年はニュルブルクリンクの講習車両は全てポルシェでしたが、今年から全てAMGに変わっていました!講師の方が使用する車両は、AMG C63S / AMG GT-R!やっぱり本場が似合いますね!

2018 03 24 VLN01 GTronix 1548m-edit

今年のニュルブルクリンクでのレース体制は参戦発表でも既にお伝えしていますが非常に良い体制です。国内でのスーパーGTチーム並みのホスピタリティやレーストレーラーモ全てmcchip-dkr社が持っていて完全なプロフェッショ集団です。経験が何よりも結果に結びつくニュルでのレースを戦うのに非常に心強いパートナーです。

6799402228293_o

土曜日24日には実際のレースが行われました。今年のVLN V5クラスは例年以上にレベルが高く、メルセデスやアウディ、ポルシェのワークスドライバーが数多くニュルブルクリンクでのPermit取得のための参戦してハイレベルな戦いでした。レースの内容としては予選は9分40秒を記録しクラス5番手に、決勝レースでは序盤から積極的な走りでトップグループに追いつき2〜3位争いをする激しいレースでした。中盤にコース上でクラッシュが多発し、その間イエローフラッグ CODE 60区間で速度超過をしてしまい200秒のペナルティストップを受けたことで順位を大きく下げてしまいました。

es4_09m-edit

60分 x 2本というロングスティントを担当し9分50秒台〜10分をコンスタントに刻みながらチェッカーまで車を走らせました。ニュルでの耐久レースは上位GT3やGT4車両に度々追い抜かれたり、下クラス車両をオーバーテークしたりと一瞬足りとも気をぬくことができない非常に難しいレースです。単独クラッシュはしなくても昨年のように他車に接触されてしまいクラッシュなんてことにならないように集中してゴールへ。

2018 03 24 VLN01 GTronix 1482m-editIMG_3309

結果クラス8位フィニッシュと大きく順位を下げてしまう結果にはなりましたが、新体制で無事にレースを走りきることができ次のレースに向けて大きな収穫を得ることができました。再来週の4月14日〜15日に行われるニュルブルクリンク24時間耐久レースの前哨戦 24h Qualify raceへ向けて頑張ります!走行データは全てRace Navigatorのデータロガーに車載とともに記録されますので次回の課題も見つかりました。動画は後日ご紹介させていただきます。

 

P.S

開幕戦ということもあり新型車両やAMG GT GT4やアウディR8 GT4、BMW M4などのGT4車両が多く、 2018年アップデートの施されたポルシェ991GT3Rなど昨シーズンとは違う車両が多く見受けられました。

DSC06384DSC06396-editDSC06380-edit

ケイマンGT4クラブスポーツも2018年モデルからアップデートが行われ、後期GT3と同じ新型ヘッドライトや足回りパーツの変更が行われていました。シーズン最初は色々な車両のアップデートを一度に見ることができるので非常に良い機会です。

DSC06400-editDSC06403-edit

私たちGtronix360° Team mcchip-dkrが走らせるSP-XクラスのRenaul RS01 GT3もパッケージをアップデートしています。最新プロトタイプのKW Competition 4WAYサスペンションが装着されレース直前にはKW社に持ち込み7ポストダイノでチェックも行なっています。タイヤも今年からヨコハマタイヤに変更したためセットアップももちろん変更しています。

IMG_3356 2

718ケイマンSもレーシングカーとして既に走っています。並走するシーンもありましたがやっぱりターボは余裕の速さがあります!718系ケイマン・ボクスターでサーキットを走ったらGT4でも歯が立たないかもしれません。。汗

IMG_3302DSC06374

これは今年僕らのドライブするV5ケイマン用にチームが作ってくれたスペシャルツール!エアージャッキの装着されていないプロダクションカークラスでピットイン時のタイヤ交換作業を短くできるアイテムです。

DSC06369

黒のゴム製マットはエアバックになっていて車両の下側に潜り込ませバルブを開けると車両を4輪同時に一瞬にして持ち上げることができます。インパクトで交換作業後にはエアーをリリースすれば一瞬で車両を下ろせるので20~30秒もあればタイヤ交換ができる素晴らしいツールです。

IMG_3261

次回のニュルブルクリンクでのレースは4月14日〜15日です!Gtronix 360° Team mcchip-dkr #55号車 / #470号車を応援よろしくお願いします!

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

下町の文京千駄木にショップを構えるサンライズブルバード千駄木は、オーナー様のニーズに合わせて様々なチャレンジを続けてきました。現在では、ヨーロッパ車の足まわりのスペシャルショップとしてはもちろん、インテリア・エクステリアからエンジンまわりまで、半世紀以上にわたる豊富なノウハウをお客様にフィードバックできるよう、常に新しい情報・技術を積極的に取り入れています。